常夏のパリ!ニューカレドニア

ヤシの木が生える、パリの雰囲気の漂うヌメア!

ヌメアはニューカレドニア本島にある町です。南太平洋にある国々は、とても素朴で未開の地といった雰囲気を漂わせているところが多いですが、ニューカレドニアは別。ヌメアの洗練させた街並みは、まるでパリを彷彿させます。街のあちこちにパンやエスプレッソを売る店があり、長いフランスパンを抱えて歩く人の姿が多くみられます。また、ヨットハーバーの真横のマーケットは毎朝開かれ、新鮮な果実や野菜、魚、パンやケーキなどを安く手に入れることができます。フランス領なのでレストランは高額なところが多いので、毎食ではお金が大変です。そこでマーケットを賢く使えば、予算を抑えられます。

離島は夢の楽園!イルデパン島は絶対お勧め!

ニューカレドニアは「天国に一番近い島」のモデルとされたウベア島など、数々の島から成り立っています。旅行の日数が多ければ、今でも素朴な暮らしをしている原住民が住む島めぐりも楽しいでしょう。けれど、数日の滞在なら、イルデパン島がお勧めです。ヌメアからそう遠くはない島ですが、真っ白な砂浜にマリンブルーの海。遠浅のサンゴの海には、色とりどりの熱帯魚が泳いでいます。泳ぎが苦手な人でも、水中眼鏡を付けて顔を水につければ、海中に広がる別世界を楽しめます。現地の人がのんびりと迎えてくれる、子供さんやお年寄りでも楽しめる、最高の南の島です。

冬になったら北杜市に精通しているタビマスターズを見つけて旅行に行こう

二人以上の旅と一人の旅

家族や友人との旅行での楽しみ

家族旅行、気の合う友人との旅行、恋人との旅行など、誰かと行く旅行は楽しいものです。中には、人との付き合いで仕方なく、という場合もあるかもしれませんが、基本的には、旅行に行くということは心躍るものです。

そこには、目的地が有名な観光地であるなど、行く場所に対しての楽しみもありますが、誰かと行動をともにするからこその楽しみもあります。多くの人は、例えば学生時代の修学旅行の思い出があるでしょう。先生方の巡回を警戒しながら、トランプなどのゲームで遊んだり、ただひたすらにおしゃべりをしていたりと、そんな懐かしくも楽しい思い出が。そのような思い出は、誰かと一緒だからできたものです。

気ままな一人旅も楽しいもの

誰かと行く旅行は、確かに楽しいものです。ですが、旅の楽しみ方は、それだけではありません。人にはそれぞれ、好きなことがあります。誰かと一緒にいることが何よりも楽しい人もいれば、たまには一人になることが楽しい人もいます。そういった人にとっては、たった一人での旅行もまた、楽しいものです。一人で考える時間をたっぷりとるため、一人で楽しみたい趣味であるため、ただ単に一人で行動するのが好きだからなど、そこにある理由は千差万別でしょう。

けれど、そこには誰かと行く旅行とはまた別の楽しみがある、という点で共通しています。日頃の人間関係から離れて、楽しむ旅では、誰かと一緒だから作ることのできた思い出とは別の、自分一人だけの旅だから作ることのできた思い出が残ります。

こちらのサイトから筑前に行くならタビマスターズを発見して旅を楽しもう。

南国リゾート!グアム!

ナイトマーケット、チャモロビレッジ

グアムではハガニア地区のパセオ公園で毎週水曜日の夜にナイトマーケットが開かれています。ナイトマーケットでは、多数の屋台が訪れ、料理やお土産などさまざまな商品を販売しています。料理はグアム料理がたくさんあり、グアム風のバーベキューなどグアム料理をたっぷりと堪能できます。お土産屋さんには、サングラスやキャップなどや、メイドイングアムのキーホルダーなど多くのアイテムが販売されています。また、ステージでは時々、グアム特有のチャモロダンスやライブなども行われていて、グアムでの楽しい夜を過ごすことができます。

グアム最大のショッピングモール、マイクロネシアモール

グアムにはマイクロネシアモールという大きなショッピングモールがあります。100以上のお店があり、食品、雑貨、日用品、お土産、自動車などありとあらゆるものを販売しています。フードコートには飲食店も多数あり、中華やハンバーガーショップなどのファストフード店もあります。フードコートは24時間開店しているので時間を気にせず食事することが可能です。ファストフード店のドリンクはSサイズでも日本人から見るとかなりの大きさになっています。その上、日本円が使えるお店も多々あります。また、中には日本語が通じるお店もあり大変便利です。

ここから黒部行きのタビマスターズを使って遊びにいこう

石垣島で楽しめるアクティビティや観光

マリンスポーツも星空観測も

石垣島と言えば外せないのがマリンアクティビティ、なかでも一番感動したのがシュノーケリングです。ダイビングと違い装備も簡単で、海面に浮いているだけなの体力に自信がない女性や子供でも簡単にできるのですが、石垣島のシュノーケリングは他とは一味違います。まず透明度が高いので、水族館の中を泳いでいるような感覚になります。そして、島から20分程度で、サンゴが群生し、熱帯魚が泳ぎまわるスポットの到着できる利便性は何物にも代えがたいです。また、日本でも南十字星が見える島としても有名で、夜間に満点の星空をめぐるツアーは、まさに降ってくるような星を堪能できました。

石垣島港から八重山諸島離島へ

石垣島にある離島ターミナルからは、周辺の離島への船が出港しています。離島ターミナルは、石垣島一の繁華街であるゆーぐれなモールからも歩いてすぐのとても便利な立地で、島出身のボクシング元世界王者、具志堅さんの銅像がおすすめの記念写真スポットです。石垣島からはイリオモテヤマネコやマングローブで有名な西表島、サトウキビ畑が広がる小浜島、琉球時代の面影をそのまま残す竹富島など、それぞれが特徴的な島々へアクセスできます。私はツアーで人気の四島をめぐる離島めぐりに出かけましたが、次回はぜひここにも泊まってみたいと思わせる素敵な島々でした。

こちらのサイトから長崎の一部で話題のタビマスターズでいつもより刺激的な時を過ごそう。

自分に適した旅行を考えるポイントとは

・旅行をする時は目的を考えて計画を立てる

旅行は時間や費用がかかるため満足ができるように考え、目的を考えて今後の計画を立てる必要があります。計画を立てる方法は雑誌やサイトの内容を参考に、興味がある観光地などを確かめて他の場所では味わえない魅力を体感できるように決めると効果的です。

日程を正しく決めるポイントは期間を長くすると多くの出費がかかるため、予算を考えて限られた期間内で満足ができるように計画を立てる方法が望ましいです。観光をする時は事前に観光案内などで内容を把握すると便利で、新たな刺激や発見ができるように自分なりに考えると満足できます。

・旅行をする時は保険に加入し安全な状態にする

海外旅行をする時は事前に保険に加入すると現地で安心して観光ができ、限られた時間を有意義に過ごせます。現地で安心して行動するために必要なことは事前に状況を確認し、自分に適した保険に加入するなど対策を考えることです。旅行の計画を立てる方法は宿泊先や交通手段などを決め、現地で安心して行動ができるように考える必要があります。自分に適した方法を探す時は利用者の体験談を参考にすると便利で、現地で安心して暮らせるように役立つ情報を探すと効果的です。自分に適した内容を考える時は事前に内容を確かめ、後悔をしないように今後の計画を立てると満足できます。

ここから斜里に詳しいタビマスターズを探して旅に出てみよう。

オーストラリア旅行は計画的に

見所はしっかりとありますが

オーストラリアというのは、かなり見るところがありますので、十分にお勧めできますが、日本や中国、或いはヨーロッパの国に比べると歴史的なもの少ないのです。何しろ、そこまで歴史的に長いわけではないのです。そのことはよく理解しておくことです。しかし、自然を楽しむことができるところではあります。大自然を堪能することが何よりお勧めできるところであるといえます。それに歴史が短いといっても、百や二百はあるのです。日本があまりにも長すぎるだけであり、別に見るべきところはあります。例えば、近代建築物の中でもかなり人気があるオペラハウスなんかがあります。美しいドームはまさに近代建築の傑作であるといえます。

オーストラリアは大自然が

観光といえば、自然ですが、オーストラリアでは、なんといってもエアーズロックです。世界一有名な一枚岩であり、非常に見応えがあることは確かであるといえます。オーストラリアにいくのであれば、是非とも見てみることです。その価値はあります。ちなみにエアーズロックですが、位置的にはオーストラリアのほぼ中央に位置します。つまりは、結構遠い、ということです。他のところも勘案して、予定を立てることです。初めてオーストラリア旅行をするのであれば、まず見たほうが良いところではありますから、そこを中心に考えるべきです。

ここから岡山行きのタビマスターズを使って遊びにいこう

パスポートの取り扱いの注意点

パスポートを無くさないために

海外旅行を行うにあたって、最も大事な所持品はパスポートです。これが無ければ外国に入国する事も、外国から日本に帰国する事もできなくなってしまいます。パスポートを紛失してしまう原因として最も多い原因は盗難によるものです。特に日本のパスポートは盗難に遭う可能性が非常に高いので、その取り扱いには細心の注意を払わなければなりません。盗まれないようにするための方法としては、パスポートをケースの中に入れ、それをズボンのベルトに紐で通す事によってひったくりの被害から身を守る事ができます。できるだけ丈夫な素材の紐を購入すると良いでしょう。

万が一パスポートを紛失してしまったら

パスポートを紛失してしまうと、海外から日本にしばらくの間帰国することができなくなります。できるだけ早く帰国するための方法としては、パスポートに記載された情報を予めメモ等に書き写しておき、一刻も早く再発行を行う事のできる体制を作っておく事が挙げられます。また、紛失してしまった場合は日本の大使館に早急に連絡を取る事により、通訳を介したやりとりが可能となるため、比較的早く再発行の手続きをしてもらう事ができます。しかしながら、パスポートを紛失してしまうとそれが悪用されてしまう恐れが非常に高いので、取り扱いには細心の注意を払うべきです。

こちらのサイトから東京の一部で話題のタビマスターズを発見して旅を楽しもう。